コンビニエンスストア

このページでは、小売業のフランチャイズの中でも、おすすめのコンビニチェーンを紹介しています。

ミニストップの場合

4つの契約プランがあり、自身に最適なタイプを選べることが魅力です。

ミニストップ株式会社
加盟条件 20歳以上なら誰でも可。
開業資金 255万円資金ゼロでオーナーになれる制度あり
(内訳:保証金150万円・開店準備費105万円)
ロイヤリティー 月間売上総利益の30%~※契約タイプによって異なります。
契約期間 7年
保証制度 【加盟店総収入保証】24時間営業の場合、年間2,100万円の加盟店総収入を保証(年間で保証金額に達しない場合、本部が補填)。
その他、特長やサポート
  • 他店との大きな差別化であるファストフードは粗利率が高く、廃棄ロスは少ないという大きなメリットがあります。
  • ミニストップはイオングループ。信頼性の高いイオンのプライベートブランド「TOPVALU」を取り扱っています。
  • 奨励金制度がある「多店舗経営」、優良店対象の「ステップアップ制度」があります。
  • 契約前に、1日体験制度を設けています。
  • 未経験でも安心して開業することが可能です。研修日程は38日間。
  • 開業後には、専任のストアアドバイザーが、売上向上のためにさまざまなアドバイスをしてくれます。
  • 従業員教育をバックアップするべく、独自プログラム(イエローテイルプログラム)でスタッフのスキル習得を支援してくれます。
 

セブンイレブンの場合

研修日数が少ないことがやや気になりますが、知名度は抜群です。

株式会社セブンイレブンジャパン
加盟条件 55歳まで。夫婦、または同一世帯の親子・兄弟で経営に専念することが条件。
開業資金 307万5千円
(内訳:研修費52万5千円・開業準備手数料105万円・自己資本150万円)
ロイヤリティー 月間売上総利益の43%~※契約タイプにより異なります。
契約期間 15年
保証制度 最低保証制度あり。廃棄ロス原価15%を本部が負担
その他、特長やサポート
  • ネームバリューが強み。
  • 安価なプライベートブランド商品「セブンプレミアム」を打ち出しています。
  • 水道光熱費の80%を本部が負担してくれます。
  • 開業前の研修日程は10日間。
  • 開業後には、店舗経営相談員がさまざまな相談に乗ってくれます。
 

サークルKサンクスの場合

2つのコンビニチェーンが合併し、それぞれの良さが残るFCが誕生。

サークルKサンクス
加盟条件 20~60歳まで。夫婦、または同一世帯の親子・兄弟で経営することが条件。
開業資金 306万5千円
(他、商品代・備品等で470万円程度必要となり、実質770万円程度が必要)
ロイヤリティー 月間売上総利益の37%~※契約タイプにより異なります。
契約期間 10年
保証制度 最低保証制度あり。
その他、特長やサポート
  • 24時間営業の場合、助成金制度があります。
  • 自宅から遠い地域の既存店舗のオーナーになる場合、引越費用と、開業から2年間の家賃補助を受けることができます。
  • 開業前の研修日程は13日間。
  • 店舗スタッフの育成をサポート。「スタッフ育成研修(ステップアップ研修・認定サブマネージャー研修)」を実施しています。

>>【総合】小売業フランチャイズの収益率比較<<