はんこ販売

このページでは、はんこ販売店のフランチャイズ契約を比較して紹介しています。

はんこ広場の場合

従来の店舗販売+外販で顧客を拡大するシステムを導入しています。

はんこ広場
加盟条件 特にありません。未経験、兼業も可能です。
開業資金 400万円※モデルケース。別途、店舗取得費や内外装費が必要。
(内訳:加盟金100万円・保証金50万円・技術研修費30万円・チケット在庫代120万円・諸経費や広告宣伝費100万円)
ロイヤリティー 月額5万円
契約期間 相談の上、個別に決定。
保証制度 オープン後5年で返済という条件で、最高200万円迄の融資制度を設けています。
その他、特長やサポート
  • 職人不要のコンピューター自動彫刻システムの導入で、時間と価格を大幅にカットすることが可能です。
  • 本部が契約している官庁や大企業へ出向いての販売・宣伝ができ、その指定業者になる事により、顧客獲得が容易となります。
  • 開業前の研修は、14日間。
  • オープン時には、スーパーバイザーの訪問サポートがあります。
 

はんこ屋さん21の場合

店舗規模に応じ、5つのパッケージを選べます。

はんこ屋さん21
加盟条件 60歳まで。兼業可能。
開業資金 417万5千円※モデルケース。店舗取得費や内外装費が別途必要です。
(内訳:加盟金105万円・保証金50万円・研修費31万5千円・初期商材126万円・開店準備金105万円)
ロイヤリティー 月額5万円~※契約するパッケージにより異なります。
契約期間 月額5年
保証制度 特にありません。
その他、特長やサポート
  • 「貴金属買取サービス」「合鍵制作サービス」「セルフコピー」などもオプションで取り扱うことが出来ます。
  • 開業前の研修は、実際の店舗での指導を含めて4週間用意されています。
  • オープン前の販売促進計画を一緒に立案してくれるので安心です。
  • オープン時には、スーパーバイザーが3日間つきっきりで指導してくれます。
  • 開業後にも定期的な勉強会をおこなっています。
 

ハンコ卸売センターの場合

全国230店舗展開中で、FCが8割を占めています。

ハンコ卸売センター
加盟条件 特にありません。兼業も可能です。
開業資金 既存店があり、兼業する場合は50万円(内訳:商品代のみ)
専業の場合150万円~。店舗取得費や内外装費は別途必要です。
ロイヤリティー ありません。※什器・機材の維持費、広告費は別途必要となります。
契約期間 5年
保証制度 特にありません。
その他、特長やサポート
  • 加盟者の自由裁量で営業時間や日数を設定できます。
  • 卸問屋なので、安く商材を提供してくれます。
  • 開業前の研修は、実際の店舗での指導を含めて1~2週間。
  • 開業後にも、継続的にアドバイスをしてくれます。基本的に365日サポートが信条。

>>【開業資金】小売業フランチャイズ総合ランキング【収益率】<<