各種FCの開業費用一覧

このページでは、各種フランチャイズ店の開業資金をまとめて紹介しています。

フランチャイズの業種別開業資金

現在、さまざまな業種のフランチャイズがありますが、開業資金はいくら必要なのでしょう。必要資金の目安と、FCの資金別モデルケースを紹介するので、参考にして下さい。

~各FC開業資金の目安~

小売業

  • 【コンビニエンスストア】250~350万円資金ゼロで開業できるコンビニもあり
  • 【印鑑販売】50~600万円
  • 【チケット、金券ショップ】200~400万円
  • 【ガラス工芸販売】150万円前後※特殊機械を購入すると600万円~となります。
  • 【古本・CD・DVD販売】2,000~5,000万円

サービス業

  • 【ハウスクリーニング業】160~200万円
  • 【パソコン教室】50万円~※自宅の場合。教室を設ける場合は、300万円程度必要。
  • 【クリーニング店】…小さな店舗は180万円程度※大型店の場合は600万円前後。
  • 【便利屋】200~300万円

外食産業

  • 【ラーメン店】200~400万円
  • 【居酒屋】90~2,000万円※店舗によりかなり幅があります。

飲食業は設備費用が1,000万円以上になることが多く、本部が負担しない場合は多額の資金が必要となります。

100~300万円で開業するなら

100~300万円前後で開業できるフランチャイズのモデルケースを調べてみました。

~ハウスクリーニング業~

ひとりでも開業でき、高齢化が進む今後も需要がある業種だといえます。

おそうじ本舗
加盟条件 不問(研修受講者は65歳以下)。女性、夫婦もOK
開業資金 189万500円(内訳:POS52,500円・保証金10万5,000円・加盟金20万円・器材131万2,500円・研修費22万500円)
ロイヤリティー 月額4万円+広告分担金1万円
契約期間 2年
 

~外食産業~

ラーメン店は、夫婦二人三脚で開業できるFCとして人気があります。

らあめん花月
加盟条件 年齢・経験不問
開業資金 289万円(内訳:加盟金100万円・保証金105万円・研修費31万5,000円・広告宣伝費52万5,000円)
ロイヤリティー 飲料代を除く月額売上の5%
契約期間 5年

300~500万円で開業する

300~500万円前後で開業できるフランチャイズのモデルケースを調べてみました。

~学習塾~

少子化で教育費にはお金を掛ける親が増えた今、塾のFCも増加傾向にあります。

個別学習のセルモ
加盟条件 年齢、学歴、経験不問。
開業資金 Aプラン:498万7,500円(内訳:加盟金157万5,000円・サーバー設置費15万7,500円・システム315万円※一括・開設費10万5,000円)
※各種プランあり。Aプランは新規地域で開校の場合、本部から地域開発支援金が出る(条件あり)。
ロイヤリティー 月額3万1,500円※別途システム料が必要。
契約期間 3年
 

~小売業~

年齢を気にせずに働ける場合が多い。接客が好きな方にはお薦めです。

The香水屋
加盟条件 女性単身、夫婦、副業もOK
開業資金 270万円(内訳:加盟金40万円・研修費10万円・開店指導料20万円・商材費200万円)※別途、取引条件に応じた保証金が必要で総額500万円前後となります。
ロイヤリティー 月額5万2,500円(システム管理料)
契約期間 取引条件によって異なります。

>>儲かるフランチャイズを比較分析<<