フランチャイズ契約の利点とは

このページでは、フランチャイズ起業の利点と、その問題点を検証しています。

フランチャイズ加盟者のメリット

フランチャイズビジネスにはメリットもあればデメリットもあります。しかし、上手くシステムを活用することができれば、メリットの方が大きいといえるのです。

~フランチャイズ契約のメリット

【独自開業よりも負担や危険が少ない】

本部が多額の金額や長い時間を費やして開発した効果的且つ合理的なシステムやノウハウを享受できるので、時間も金額も大幅にカットできる。

【事業経験なしでも経営が可能】

FC本部のパッケージは、その業種が未経験だとしても商売・運営方法を教えてくれるシステムです。開業前には教育訓練や研修が受けられ、開業後にはスーパーバイザーやエリアマネージャーの指導もあるので安心してチャレンジできます。

【FCチェーンのネームバリューを活用できる】

突然開業し、その日に信頼を得ることは大変だが、知名度があるFCチェーンの商標や良いイメージを活用することにより、開業したその日からでも消費者の信用を掴むことができます。

【資金が安く済む場合もある】

事業の内容により異なるが、FC本部が構築したノウハウを活用できることから、個人よりも比較的小資本で開業できる業種が多い。

【資材や原材料の安定した供給】

小売業の場合個人経営では、商品や資材の仕入れ量が少ない=仕入れ値が高くなりがちだが、FC本部は一括して大量仕入れを行うため、値引きが期待できます。店舗設備や備品等に関しても同様です。

【経営に専念できる】

業種により差はあるが、商品開発や仕入れ先の開拓、宣伝活動(広告)などを本部が行うので、FCオーナーは経営だけに専念できます。

フランチャイズ加盟のデメリット

フランチャイズビジネスにも、多少の難点はあります。しかし、だいたいが契約時からはっきりしている点なので、大きな障害にはならないはずです。

~フランチャイズ契約のデメリット~

オリジナリティーを出せない

加盟者は、FC本部から提供されるノウハウに基づき経営を行う。そのため、個人の企画やアイディアなどは反映されず、独自のカラーを出しにくい。商品やサービス、店のイメージなどはFC本部が定めた経営方針に従う必要があります。

【何かと制約が多い】

FC本部にもよるが、契約上さまざまな制約があります。例えば「競合避止義務」。契約中はもちろん、契約期間修了後に同じ業種を行ってはいけないという条項があります。

【本部へ依存してしまう】

加盟者すべてには当てはまりませんが、店舗経営までの土台をすべてFC本部が作り上げており、その上さまざまなサポートを受けるうちに、経営や販売の面で努力を怠ってしまう危険性があります。

【風評被害を受けやすい】

イメージも善し悪しで、例えばひとつのチェーン店で事件などが起きた場合、自分の店舗も同じような目で見られてしまいます。

【ロイヤリティーの支払い義務がある】

売上げすべてを自分の店のものにはできない。毎月支払うロイヤリティーが高額な場合は、経営を圧迫する可能性があるので検討が必要です。

~FC詐欺にはご用心~

ちまたで話題の「加盟金詐欺」には注意が必要です。悪徳FCは加盟させ、高額なお金を搾取することだけが目的で、加盟後には満足なサポートや研修なども皆無という場合も。契約を結ぶ時には今一度、信頼できるFC本部かどうか自身の目で見極めることが肝心です。

>>サポート体制で選ぶFC契約比較<<